Adobe ExchangeとExtensionってなんぞや?

Adobe ExchangeとExtensionの違いとは?アイキャッチAdobeCC
この記事は約2分で読めます。

名前ややこしいね、両方Ex~やしなぁ。Adobe Exchangeはちょいと昔は“Adobe Add-ons”みたいな名前だったと記憶しているのだが・・・・・・。

ってなわけで、Adobe ExchangeExtension(エクステンション)っていったい何? って人もいるかと思うのでほんのちょこっとだけ補足します。

スポンサーリンク

ExchangeとExtension

Adobe Exchange

アドビの各アプリケーションの為のエクステンションやアクション、スクリプトなどの拡張機能をダウンロードできるアドビシステムズ社のサイト。

公式のものから、個人のメンバー製作したものまで、さまざまなアイテムが配布されている。

登録することで自分で作ったアイテムを無料・有用で配布することもできる。ただし基本は英語。

 

公式サイトへジャンプ

Adobe Exchange

Extension

”拡張”の意味のExtension要するに拡張機能のことで、Extension panelは各アプリケーション用の拡張用パネルのこと。

pic_extension画像はフォトショップのメニューバー。

ウインドウ->エクステンションからExtensionを配置でき、そのほかのウインドウパネルと同じように画面上に置いて使用することが出来る。

つまりは、自分好みのExtensionを用意することで、各アプリケーション(上記の場合はフォトショップ)のUI表示を好きなようにカスタマイズし使いやすくすることも出来るという事なのです。

 

ちなみにこの画像の“エクステンション”の上の“Exchangeでエクステンションを検索…”からAdobe Exchangeのサイトへ行くことができます。

おわりに

そんなわけで、どんなわけで、Adobe ExchangeExtensionをちょっとだけ説明したわけですが、Adobe Exchangeのサイトには世界中のいろんなExtensionやアクションなどのアイテムが揃っていて、うまく利用すると作業の効率やクオリティもあげることができるので是非利用してしあわせになって欲しい。

ただ英語なのよね基本。これがまたちょっと「うっ!」って尻込みしちゃうんだけど・・・・・・ね。

 

Extension panelの作り方に興味をもたれたら、こちらを参考にして頂ければ幸いです。
Extension panel(エクステンション)を自分でつくる方法-1
Extension panelを自分でつくる方法の最初のステップ!各種設定やインストール、Photoshopで起動実験ができるまでを順を追って説明してます。まずはこれからすべてが始まります。ほんのちょっと面倒くさいですが、最初にやれば2度目はさくっと飛ばせる箇所でもあるので頑張っていきましょう!!

コメント