jsx

AdobeCC

psdを自動で必要な素材(レイヤー)を選んで保存を改良したヨ

読んで字のごとし、以前作ったScriptを改良してちょいと便利にしてみました。簡単にPSDのファイルからレイヤーセットごとに分割して保存してくれる一品です。共通素材として一緒に保存されるデータも内包できますよ。CSVを使用すればさらに複雑な保存もかのうになります。
AdobeCC

保存するScript(jsx) -Photoshop-

単純に保存するだけのScript(jsx)です。ドロップレットと併用することで爆速(言い過ぎ)に多量のデータを保存できます。作業効率がグーンと上がること請け合い(誇張)保存フォーマットは6種に対応。世の中楽したもん勝ちだぁー!
AdobeCC

Photoshopを自動で必要な素材(レイヤー)を選んで保存してくれるヤツぅ

スクリプトです、jsxです。ひとつのpsdデータから任意の素材(レイヤー)を選んで複数の画像データを自動で吐き出してくれる処理なんかします。たくさん画像データを作るときとかに便利便利。フォーマットも一応選べます。共通の素材は使いまわせるので画像アセットとはまたちょっと違った使い方も出来ますよ。
AdobeCC

jsxって何? -Adobeの方-

ここでのjsx(スクリプト)は、AdobeのExtendScriptのことについて書いています。作り方から使い方を簡単に説明しております。jsxを使えばAdobeのアプリケーションを自動化できるので作業の圧縮に効果覿面です♪
どうが

絵コンテ用紙テンプレートを更新してみた jsxのオマケ付き

以前作った絵コンテ用紙テンプレートを(自分が)使いやすいようにちょっと改良して更新してみたのです。ダウンロードできます。あとはちょっとした整列用のスクリプトも用意したのでこちらも使いたい人は使うとよいよ。使ってくださいお願いします(懇願)
AdobeCC

PhotoshopのタイムラインでアニメーションGIFをつくる

PhotoshopでアニメーションGIFをつくる方法を初心者向けに簡単にまとめました。意外と作る機会のない人は作ることのないアニメーションGIF。いざPhotoshopで作ってみようとするとタイムラインを使うことになるのだけれども、これまた簡単な機能のみで自由度は低く使いにくいところも多々。どうしたものかというところでありんす。
AdobeCC

Photoshopのドロップレットで多量のデータを一括処理しよう

ドロップレット機能は多量のデータを一括自動処理できるすばらしい機能です。意外と知らないor使用してない人向けにドロップレットの準備の仕方と使い方をまとめてみました。アクション次第で様々なことが自動処理できるようになるのでドロップレットで作業を効率化しましょう。
AdobeCC

Extension panel(エクステンション)を自分でつくる方法-2

Extension panelを自分でつくる方法のその2です!今回は前回の設定時に出来た基本の型の“helloworld”を見本にして、自分でExtension panelを作製するときにどのデータを変更すればいいのかを簡単にまとめています。htmlとCSS、そしてJavaScriptが多少でも理解していればなんとなくはわかるはずです。頑張って自分だけのExtension panelを作ってみましょう!!