MotionElementsのマーケットプレイス定額制

MotionElementsのマーケットプレイス定額制 アイキャッチどうが
どうが
この記事は約3分で読めます。

気が付いたら、いつの間にか「マーケットプレイス定額制」が設定できるようになっていた!?

えっ?何がって??
あー、えっと、今回は素材販売のお話。

スポンサーリンク

マーケットプレイス定額制とは?

「マーケットプレイス定額制」 とは、まずは何か、
こちらは 『MotionElements』さん の販売形式で、平たく言うならば「サブスクリプション販売」ですかね。

MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

こちら販売者側は 「マーケットプレイス定額制」 が
登録してすぐに出来るものではなく、まずは通常販売のみとなっており、
この制度がまず解禁され登録できるようになる必要があります。

実際何がトリガーになっているのかはわかりません(役立たず)
まぁいつか解禁されるだろうと待って1年と半年ほど、自分は今月だったぽい?

登録のしかた(販売者向け)

販売者でなければとばしてくださいな。

「マーケットプレイス定額制」 が解禁されると、自分でまず「グローバル コンテンツ+ プログラム (GCP)」の「マーケットプレイス定額制」を有効にしないといけません。

有効にするには「写真付きのID(身分証明書)」の登録を求められます。
難しいことはないのですが、ちょっとやりながら悩んだ部分もあったので一応記録。

本人確認用の身分証は

  • パスポート
  • 運転免許書
  • 本人証明書

から好きなものを選ぶことができます。
自分は本人証明書(マイナンバーカード)で登録しました。

登録に身分証の表面と裏面をスマホで撮影、もしくは画像データをアップロードで提出することが出来ます。
マイナンバーの場合、裏面に“個人番号”が記載されているので、こちらどうしたらいいのか悩んだのですが、自分は一応隠した状態でアップロードしました。

結果

個人番号は隠した状態で提出しましたが、問題なく登録完了できたので問題なかったのだと思います。
まぁあまり他人に知られちゃいけない番号なのでね(笑)

身分証明書の提出後は顔写真の撮影

身分証明書のアップロードが終わると、次はスマホでの顔写真の撮影を求めれれます。
正面からしっかり顔が確認できるように1枚撮影します。
まぁ、この辺もパパッと自撮りするだけですので、簡単に終了。

あとは、PCに戻り規約を確認してから承認すれば登録は完了。

登録後、特にお知らせやメールは来てなかったと思いますが、いつの間にか有効になっておりました(早ければ数時間ぐらい?)

これにて登録は完了!

GCP登録完了



定額制万歳

というわけで、素材のアップロードは今年の夏サボってました(いろいろあって)
サブスクリプション販売も解禁されたということで、今後も暇なときに素材を増やしていこうと思います。


MotionElementsさんの定額制プラン契約されている方がいらっしゃいましたら、是非よろしくお願いします。
見て頂けるだけでもうれしいです♪


コメント